いつでもごきげんでいこう!

育児の日々を記録。雑記。いつでもごきげんで過ごせたらいいな。

時々田舎暮らし。子育てフルな日常の徒然記。神社仏閣が好き。ミニマリストにあこがれている片付けが苦手なアラフォー母。奮闘中。

「エールを北の医療へ!」北海道の医療をふるさと納税で応援しよう!!コロナに負けない!!

スポンサーリンク

明日10時から寄付募集するそうですね!

f:id:ariato:20200423163340j:plain
TVうつしたので見えにくくてすいません。

北海道、医療崩壊は目の前です。

北海道の医療にふるさと納税を通してエールを!
送れるそうです!
お礼の品はありません!
でも医療にエールを送ることで、少しでも医療環境が整備される。→北海道の医療がんばれる→大切な誰かが救われる。
こうして、かえってきますね。

これは送らなきゃ!!!
って思ったら!!
ごめんなさい!
私だけかもしれないけど、道民なのに北海道にふるさと納税しようとしてました(涙

旦那にメールして知りました。
できないのですね(ってあたりまえ😭)、自分の居住地には。(普通に納税になります。)

医療機関へマスクや寄付どうしたらできるかと勝手に焦っていたので、ニュースをみてこれは明日さっそくしなくては!!!
といきごんでいたら、居住地へのふるさと納税はないですよね💦


これを見たどさんこの方で、私と同じ勘違いしてた方いるでしょうか。。。

他県でも同様の試みをしていくそうです。
北海道はもろに財政難です。
他県も東京以外は財政厳しいところが多いですよね。


今私にできるのは、ひきこもる、家族の健康管理、感染予防!!

看護師の友達も多く、命をかけてはたらく友人たちが心配です。
コロナ疑いの人と接触があるのに、マスクも2日に一枚を使わざるをえなかったり、ひどい状況でもなんとか工夫し無理をして頑張り続けています。

はやく、医療者が少しでもはやく、少しでも守られる環境を整備できますように!

医療者への差別がなくなりますように。

いつ誰が自分が自分の大切な人が、治療しなくてはならなくなるかわかりません。

そこで、治療にお世話にあたるのは医療者です。
危険を承知で働いています。
みんなそれぞれ家族がいて家庭があります。
身を削って働いてる人達を、その家族を、差別なんてしてたら、医療はどんどん崩壊にむかいます。
かかるのはこわいです。
みんな心配です。
それは医療者だって同じです。
心配だけど、働くために愛する子供を預けて働きに出ます。
自分も感染するかもしれないと不安は拭えない中出勤していきます。
子供だってお母さんか、お父さんが人の命の為に働いているのを知っています。

同じことは、ライフラインを保つ仕事、スーパーの店員さんや保育の仕事をしている方達、たくさんの生活を支えてくれてる方達に言えることですよね。


何もできないけど、でもその中でもできることをしたいと思います。

今日本を支えてくれてるたくさんの方々へ感謝!
感謝しかないです!
ありがとうございます!

f:id:ariato:20200423163823j:plain

道庁のホームページ内にありました。
「エールを北の医療へ!」北海道 で検索したらでてきました。
北海道 医療 寄付 とかで検索するといろんなサイトが出てきてわかりにくかったです。


閲覧数も少ないブログで力になりませんが、かかずにはいられず。

寄付もして(居住地へのふるさと納税はできなくて、他県へするか、他の方法をかんがえなくては。。。)、牛乳多めに消費して、花も親へ送ったりしてみようと思います。

読んでくれてありがとうございます☆

<